圧倒的幸福をもたらす旅×断捨離×健康を組み合わせた次世代のネオライフスタイル

  1. Airline&Mile
  2. 0 view

Mile is Money(マイルは金なり)

マイラーって正直、知らない人からすれば引くレベルで必死にマイルを貯めています。

クレジットカードも基本的にマイルの還元率で決めますし、楽天ポイントやTポイントなどのポイントもマイルに変えます。

普段使うコンビニだって遠くてもマイル特約店というマイルの貯まりやすいコンビニに行きます。

 

当サイトではポイントサイトについても触れていますが、正直一般の人であればポイントを現金や電子マネーなどにかえて受け取りたいというと思います。

それでも、なぜマイラーがそこまでマイルにこだわるのかわかりますか??

それは単純にマイルの価値が高いという考えが根本にあるからです。

そんなディープなマイルの世界を覗いてみましょう。


マイルの交換先

今回はANAに絞って説明していきたいと思います。

基本的にマイルというのはANAのクーポン、または各電子マネーや各種ポイント等に交換が可能。ですが、正直これに変えても意味がありません。

マイルというのは特典航空券に変えて初めてその価値を生み出します。

ちなみにANAスカイコインというANA内で使える電子マネーに交換するのもアリです!

JALの場合もそうなのですが、マイルの交換先は「特典航空券」「航空会社の電子マネー」の二択だと思います。

マイルの価値

よく1マイル=2円の価値といわれていますが、実際のところどうなのでしょうか?

まずは国内線でみてみましょう。

投稿日(7月11日)から約1か月後を搭乗日として選んでいます。

指定日の中で往復ともに最安値の便を選んでいます。

国内線

例1:修行僧に不動の人気のHND-OKA

この期間はハイシーズンに分類されているため、特典航空券の交換に必要なマイルも高くなっています。

ハイシーズンの東京⇔沖縄の特典航空券に必要なマイルは21,000マイルです。

往復運賃から特典航空券の交換に必要なマイルを割ると1マイルの価値が何円なのかがわかります。

この場合、38,580円÷21,000マイルででた答えが1マイルの価値です。

つまり、1.83円ということになります。

 

例2:こちらも修行僧に人気のあるCTS-HND

次に、同日の千歳⇔羽田をみてみましょう

こちらは往復で35,880円になっています。

東京⇔千歳のハイシーズンで往復の特典航空券に必要なマイル数は18,000マイル。

この場合1マイルの価値は1.9円になります。

国際線

次は国際線をみてみましょう!

まず、注意点として国際線の特典航空券に交換した場合、各種税金等がかかるため完全にタダというわけではありません。

計算も総額から税金を引いた分で計算を行っています。

 

出発日は国内線同様、約1か月後の8月15日、そして帰国便を8月18日に設定しています。

国際線になるとスターアライアンス加盟航空会社が運航している便もあるのですが、今回はANA運航便の中で指定日最安の便を選んでいます。

それでは近距離・中距離・遠距離の順でみていきます

例1:近距離(台北)

台北はANAでいうとZone3(アジア1)とよばれる区分です。マニラや香港、上海・北京などがこの区分になります。

この期間はハイシーズンに分類されているため日本発のアジア1のエコノミークラス往復に必要なマイル数は23,000マイル。

税金等で9,600円は特典航空券でもかかりますので、この場合は83,000円÷23,000円=3.6円という風になります。

次に、ビジネスクラスを見てみましょう!

運賃は137,000円で必要マイル数が43,000マイル

なので3.2円という風になります。エコノミーよりもマイルの価値が下がるのは意外ですね。

例2:中距離(シンガポール)

シンガポールはANAの区分上Zone4(アジア2)という区分になります。バンコクやクアラルンプール。デリーやホーチミンが同じ区分です。

こちらも指定日がハイシーズンに分類されているので交換マイル数が高くなっています。

まずはエコノミークラス。運賃は74,000円になります。

そして、必要なマイル数は38,000マイルのため1マイル=約2.4円になります

次にビジネスクラス

運賃は329,000円。そして、必要マイル数は63,000円

1マイルの価値は約5.2円になります。

例3:長距離(NY)

最後に長距離路線をみてみましょう。東京からニューヨークの便です。

またまたハイシーズンのため、必要マイル数が高くなっています。

東京からNYまでのエコノミー運賃は248,000円

そして、必要マイル数が55,000マイルのため1マイルの価値は約4.5円

 

次にビジネスクラスです。

こちらは運賃が848,000円。ビジネスクラスの特典航空券に必要なマイル数が90,000マイルのため、1マイルの価値は約9.4

 

そして最後が、みんなの憧れファーストクラス。

運賃は2,207,000円で、ファーストクラスの特典航空券に必要なマイル数が165,000マイルのため

1マイルの価値は、なんと13.4円になります。

まとめ

今回は日程と場所をかなり絞っての検証でしたが、

基本的にマイルの価値は

  1. 座席クラスが高いほど高くなる
  2. 目的地が遠ければ遠いほど高くなる

この2点さえ抑えていれば大丈夫です!

必要マイル数などはシーズンやZONEによってもかなり変動がありますので、詳しくは別記事にて解説していきたいと思います。

最後に

さて、ここまでマイルの価値を説明してきましたが、マイルがあなたの生活にもたらす恩恵を理解できましたか?

普段使っているクレジットカードはよくても還元率1%…。

マイルなら、10%以上まであげる事もできます。

あなたの生活の一部に是非マイルを取り入れてみてください!

 

Airline&Mileの最近記事

  1. 爆発的にマイルを生み出すソラチカカードとは

  2. Mile is Money(マイルは金なり)

  3. 【2018年度版!最新!】ポイントサイト攻略

  4. 世界初のLCC航空連合「バリューアライアンス」

  5. 日系ゼロだが、世界二位「スカイチーム」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Profile

Gbou
地球在住25歳。
旅×断捨離×健康
これらをMIXした次世代のネオライフスタイルを提唱中。
スーツケース1つで生活するミニマリスト
3度の飯より旅が好き!

Gbou’s Instagram

PAGE TOP